ちびっと東京。
こっそり、ひっそり東京へ。
3月はこの日の為に走ったわ。。くらい。
桜も咲いてくれてたし、春の匂い漂う時間。

てがみ座の”対岸の永遠”を観に。
20世紀の最後に姿を消したソ連を描いた作品。
毎度観る側も心して挑む てがみ座。
c0200353_1712574.jpg

立て続けに新人賞を受賞されている脚本家の長田育恵さんと音楽家の平井真美子ちゃんも一緒に。
再会の嬉しさと、じわじわお芝居が染みてしばらく現実感のない私。
これからてがみ座はどんどんすごいことになるんだろうなあ。。
今観ておきたかったから、間に合ってよかった。。
c0200353_17203293.jpg

エビ子ちゃん、あ、西田夏奈子さん、、優しい事を話しているのに説教に見える、、ツボ。
チェチェン出身の娼婦役、、哀しいから笑う、そんな人でした。
c0200353_17204355.jpg

お友達のロシア通訳のりえちゃんが、偶然激動のソ連時代に現地生活をしていた事もあり、
このお芝居に深く関わって下さったそうな。西田さんと言えばマック!マックといえば珈琲。
マックの珈琲と言えば、前はお替わり自由。そんな時代は終わりましたね。。

c0200353_17193691.jpg

翌日は、、勢いで取れちゃったよー、、の新橋演舞場での劇団新感線 ”乱鶯”
2等席、2階の左側、、、、花道が観られなかったのが痛恨。。
それ以外、休憩入れて3時間40分、、しかし飽きることなく、安定の笑いが要所要所にちりばめられ、、古田新太、、かっこいいなあ。。セットも何もかもスケールが違う。。
このボリュームを1日2公演って、、体力もすごい、、ちょっと無理したけど観て大正解!

c0200353_17195499.jpg

この方、演舞場の2階にいらっしゃいます。。ツタンカーメンも顔負けっす。

演舞場お向かいの有名喫茶店”絵李花(エリカ)”の店主にご挨拶しようとしたら、、
知り合いと2人も再会!嬉しかった。。。まさかここで会えるとは。

演舞場を出て、暑いくらいの日差し。
銀座を歩く人はスプリングコートの花を咲かせていました。
春だな。関東の春だなあ。。
[PR]
Top▲ | by hanatico1 | 2016-04-05 17:37 | 日記 | Comments(0)