寄り添い合った時間 京都編
初の京都ライブ、行ってまいりました。
盛りだくさんすぎて、何から書いて良いやら。

京都の風景は山が見えて心が落ち着きます。
山が見える場所、景色の良い場所で育ったせいかな。

木の温もりがある もしも屋さんにて
ともこちゃんが繋いでくれた糸楠ゆっこちゃんと共に
温かくて柔らかい時間が流れて行きました。

京都のお客様は私を受け入れてくださるかしら、、とドキドキしつつ。
歌ってくださったり、終わってからもお話しさせて頂いたり、、

母の地元でこんな風に歌わせてもらえる日が来るとは、、

やはり今がその時!だったんだな。
そんなことを噛み締めつつ。
そこに、ともこちゃんのアコーディオンとバイオリンが
そっと寄り添ってくれて、、


急に連絡したのに神戸から来てくださった方、
初めてお会いした皆様、
楽しみにしてくれていた伯母とそのお友達の皆様、
ありがとうございました。



c0200353_18292304.jpg

c0200353_18292440.jpg
ゆっこさんの歌は、丁寧に紡いでいる日常が見えて来て
そうそう、そうなんだよね。って思える言葉、
ここに暮らしていないと作れない歌があって、
お人柄そのままの、可愛らしい素直な歌とギター。いいなあ。
話す時の京都弁って、場を和ませてくれる音。

c0200353_18292516.jpg

c0200353_20023785.jpg
寄り添ってくれてる、さいとうともこちゃんの音はね、凛としているのです。。

c0200353_18292561.jpg

c0200353_18292607.jpg

c0200353_18292640.jpg
ゆっこちゃんの旦那様ミツオ君は、ただ嫁の映像を撮りにきたのに、、
PAがどうもうまくない我々のために、マネージャーのように働いてくれちゃいました。。
なんて出来た人なんだーー。
京都のだんだん夫婦はこの2人、、、本当にいいご夫婦。


c0200353_18292730.jpg
もしも屋さん、フランス人観光客さんも5日連続で来てる!っていうくらい美味しい!!
また行きたいなーー。お腹すいてくる。。

c0200353_18303840.jpeg
 お花にも意味があって、、
ともこちゃんのblogから拝借した内容は、、


糸楠ゆっこさん…オレンジのカーネーション。花言葉『純粋な愛』

木村華子さん…ディルフィニウム。花言葉『立派で尊い』

さいとうともこ…かすみ草。花言葉『感謝、無垢の愛』



こんな風に大切に大切に温めくれた時間でした。


大阪編へ続きます。

[PR]
Top▲ | by hanatico1 | 2017-05-23 18:24 | 日記 | Comments(0)