慰霊の日には
毎年、慰霊の日にはぴったりと言いていいほど、
梅雨が明けます。たくさんの祈りが天に届くようなピーカン。

ケンコちゃん、アタルさん主催の”うたの日前夜祭”

県内県外出身者、混ざり合って

歌えるという平和な時代を噛み締めて。。

この日を一緒に迎えられなかった山本隆太さんへの想いを込めて歌う

主催の二人に、最後はぐっときてしまった。。

私は、隆太さんが娘さんへ書いたという"2月の空”と"ブラックオリオン”を

仲間と演奏させていただきました。。

届いたかなーー。



c0200353_12262473.jpg

c0200353_12262538.jpg
c0200353_12262672.jpg
慰霊の日だからこそ、キャンプコートニーへ。
ここで働くアメリカ人にも離れたところに家族がいて
戦争が起きたら旅立たないといけないんだな。

基地が沖縄からだけじゃなくて、世界から必要なくなると
いいなと思う。

c0200353_12521196.jpeg
そして、東京から詩人のケイコちゃんが慰霊の日に合わせて来沖!
旅の貴重な時間にライブに来てくれたり、、プチっとお誕生日も一緒に過ごせちゃった。。
相変わらず聡明で、好奇心旺盛で
とっても素敵な方です。。

これも平和じゃないとできないことですね。


[PR]
Top▲ | by hanatico1 | 2017-06-26 12:21 | 日記 | Comments(2)
Commented by ケイコ at 2017-06-28 23:15 x
ふりかえればふりかえるだけ
いろいろ出てくる。
たくさん話せて豊かな時間でした。
沖縄はわたしにとって節目に訪れる地のようです。
Commented by hanatico1 at 2017-06-29 00:16
ケイコちゃん
本当だねえ。。出てみて東京のことも客観的にみれたり、地方で暮らすと政治経済の影響が直撃だったりね。貴重な経験してますね。お互いに。また沖縄でも、東京でも会いましょう!